コラム33.自分を愛する方法(10月1日号)

自分を愛するって、具体的にはじゃあ何をどうしたいいのでしょうか?

まず、自分をおとしめることをやめましょう! 自虐的な考えを止めましょう(注:通常無意識にしているので、まず自虐と気づくことが重要です)。

建設的な批評・反省・改善はいいですが、人のいいところと自分の駄目なところと比べて落ち込むのも止めましょう。それよりも、自分の長所やできることにスポットあてて考えましょう。自分へのいじめが止まると回りの人へのあら捜しも止められます。

ルックスやファッション性がかなり重要視される今の若い世代の人には “ボロは着てても、心は錦”とはいかないようですね。確かに美しい人には誰しも憧れますね。 とても素敵なことですね。

容姿を磨いたら、それと同じくらい、できればそれ以上に中身も磨いていきましょう。 
中身の空ろな自分を愛し認めることは難しいです。人としての価値を人間性において、自分を店先に出す商品のように扱うのを止めましょう。年を重ねるごとに、中身を育てていけたらいいですね。

“偽り“をやめましょう。 自分を偽ったり、騙したり、ずるをしたり、うそをついたり、虚栄を張るのを止めましょう。 人は騙せても、自分は騙せません。自分を愛して認めることができなくなります。むやみに人に同調したりへつらうのも止めましょう。

自分を大切にしましょう。心や体がいい状態であるように、腐ったりしないように、自己管理しましょう。休みの日でも朝起きて自分の為にこざっぱりと身支度を整えたり、掃除や生理整頓がされた所で毎日生活していると、自然に心もクリアになってきます。それと共に、心や体が喜ぶことを生活の中に多く取り入れましょう。生きている情感を楽しみましょう。

まだ起きていない将来の不幸を考えて、無駄に不安や恐怖に怯えて生きるのを止めましょう。自分が苦しい上に、プラス思考の友人がだんだん離れていってしまい、さらに自分を嫌いになるます。“プラス思考のすすめ“が広がった昨今、愚痴やマイナス思考はかなり敬遠されます。



愛と尊敬を持って人に接し、人とのつながりを大切にしましょう。

感謝や思いやりの言葉を伝えましょう。

笑顔を心がけましょう。


自分の芯(バイブル)となるような信念(または宗教)、価値感、人生哲学を持ちましょう。


自分を愛する方法は数限りなくありますが、今回は思いつくままランダムにご紹介させていただきました。 

自分を上手く愛せたら、きっと人生が開いてゆきます。
Get Adobe Flash Player
 ※最新のFlash Playerをダウンロードしてください。 FLASH / HTML
※Windows 95/98/Me/NTをご利用の方はHTML版のページをご覧ください。