落とし穴 (ライトハウス 11月1日号)

カウンセリングのお仕事をさせて頂いて、何百人という多くの方々のお話を伺ってきました。

そうすると、人生のあちこちに開いている“穴”みたいなものが見えてきます。 お話を伺いながら“あ~、この人は、この穴に落ちてしまった!” と思うのです。

今日は、そんなよく見る“穴”の一つについてお話をさせていただきます。

この穴は「結婚がゴール」という穴です。

婚活ブームといわれる今、本屋へ行けば、“モテ技““愛されキャラ“を学ぶ本をはじめ、ありとあらゆる”おとす“ためのテクニック本が並んでいます。

”モテポーズ“や”モテ台詞“をを練習するようなセミナーなどあるようです。
ルール本やアドバイザーの勧めに従って行動する人もいます。
結婚に焦るあまり自分らしさを捨て、他の誰かを演じて結婚にゴールします。
そして、結婚のスタート。

ここから本来の自分になり、問題が起こり始めます。「結婚まではガマンガマン」と本音を隠して「結婚しちゃえばこっちのもの。結婚後に相手を馴らせる」と思ったのに、そうはいかないことに気づきます。

結婚が“永久就職“だった時代は過去のものと思ったほうがいいです。特にハワイでは、自分が決定的な(日本の裁判所が認めるような)過失を犯していないのに、思っていたよりも簡単に離婚をされてビックリする、というようなこともあります。

または逆に、結婚後に初めて見えた相手の本当の姿に怒りや失望を抑えきれないまま、どうしようかと悩んでいるうちに、子供が産まれ、不幸な結婚を続ける人もいます。

震災後は、支えあう伴侶がいない不安感から婚活がより盛んになったようです。婚活をがんばってもなかなか結婚できないという焦りから、自分らしさを失ったり偽ったりすると、結局、結婚に失敗することになります。 
婚活のために自分を変えるのなら、内側から本質的に変われるようなものをお勧めします。

溢れる情報の中で戸惑うほどある技やアドバイスの中から、それらが自分に合っているものなのか、自分がなりたいと思うような自分像なのか、自分の真心や誠意、相手の人への尊敬にかなったものなのかを考えて見極めることが必要だと思われます。

恋愛依存、感情の不安定、人間不信、嫉妬、怒り、機能不全家族から生じる心の確執などのある人は、それらを無視しようとしていても、失敗を繰り返してしまうことになります。まず自分の心にある問題を解決しましょう。
Get Adobe Flash Player
 ※最新のFlash Playerをダウンロードしてください。 FLASH / HTML
※Windows 95/98/Me/NTをご利用の方はHTML版のページをご覧ください。