私たちの幸福感を左右するものの一つに「セルフエスティーム」というものがあります。 「自己価値感」「自信」「自己評価」を合わせたような意味です。 セルフエスティームが健全だと、ありのままの自分を受け入れて、自分に対してポジティブに姿勢を保てます。 これは深層心理レベルの意識で、学歴、地位、名声、特別高い能力、経済力などによって評価される表面的なものではありません。

セルフエスティームがしっかりしていると、そういう表面的なものがなくても自分の存在を肯定的に受け止められると共に 自分の短所も目認めて受け止め、健全に成長に向かうことができます。

セルフエスティームが低いと、 人生のさまざまな点でマイナスの影響が出てしまいます。

自信がないのでとても傷つきやすく、人や社会の目を過度に気にします。 自分に対してネガティブになり 「どうせ、私なんて、、、、」と考えたり、自罰的、自虐的になりやすくなります。 自分の気持ちや考えに価値をおけず、いつも人に同調したり、どうしたら人に良いと思われるかを基準に発言するので、次第に心が疲れ、除々に怒りが溜まります。良く思われるために必要もなく嘘をつく人もいます。
「こういう時にはこういう感情表現をすべき」とういう考えや、相手の態度に合わせて自分の感情を表現するので、だんだん喜怒哀楽を感じにくくなります。しだいに無気力・¥無関心になったり、自分は何が好きで何が嫌いなのか、何をしたいのか分からなくなります。

これが進むと「解離」といって、自分が自分でないような感覚を持つ人もいます。 つまり、自分というものが無くなってしまうのです。

そして自分にしている批判的な考えを回りの人たちにもします。 なので、回りの人を心から子好ましくい思ったり認めることが難しくなります。 自分への自信のなさや劣等感はまた、嫉妬や敵対心を起こしやすくします。

幸せになることは求めて「結婚したら幸せになるんじゃないか「「子供を産んだら幸せになるんじゃないか」「ハワイに住んだら幸せになるんじゃないか」「家を手に入れたら幸せになるんじゃないか」「ステータスのある仕事や名名声を手に入れたら幸せになるんじゃないか」と次から次へと外側に答えを求めます。でも、心にある虚しさを埋めることはできません。 なぜなら、答えは内側にあるからです。
Get Adobe Flash Player
 ※最新のFlash Playerをダウンロードしてください。 FLASH / HTML
※Windows 95/98/Me/NTをご利用の方はHTML版のページをご覧ください。